きてみてならSHOP

奈良県の特産品

伝統工芸品から、民芸品、食品まで、すべて奈良で発祥したもの、或いは奈良で制作されているもの、そして、奈良に関連したものをいいます。奈良県には優れた伝統技術または技法によりつくられた工芸品が多く存在し、こうした工芸品は私達の生活を豊かさと潤いを提供してくれます。現在指定されている伝統工芸品は、国より指定を受けているものと県により指定を受けている奈良県伝統的工芸品があります。

 

国指定伝統的工芸品 高山茶筌

国指定伝統的工芸品 奈良筆

赤膚焼

吉野手漉き和紙

奈良晒・麻布製品

奈良団扇

奈良一刀彫

吉野割箸

ガラス製品

木製灯籠

仏像

土鈴

 

伝統を受け継ぐ名匠たち ※順不同敬称略

久保 左文

伝統的工芸品・高山茶筌

久保 左文

Sabun Kubo
生駒市高山町
代々茶筌を主に茶道具を制作、日本文化を代表する茶道の礎となって、伝統の火を消さないよう、師弟の育成、技術の研鑽に勤め、使う人の心になって、綺麗で、使いやすくて、長持ちする作品作りにつとめていきたいと念じております。
  • 日本の国指定 伝統工芸士

大塩昭山

赤膚焼窯元

大塩 昭山

SHOZAN OSHIO
奈良市中町
天平の昔よりの歴史的・文化的風土に生まれた陶器が赤膚焼。 多彩な技法と独特の奈良絵といった、いわゆる伝統的な赤膚焼に加え、あきづ島大和の国の上代の先達が愛で希求した自然の美を父祖伝来の技法で赤膚焼として表現すべく日々作陶に精進しています。
  • 奈良県青年作家展賞
  • PARIS平和芸術祭/PARIS平和芸術大賞受賞
  • マレ芸術文化褒章博/受賞及び審査員特別賞受賞
  • トルコ日本現代芸術世界展/日本トルコ国際芸術振興賞受賞

大塩玉泉窯

赤膚焼

大塩玉泉窯

OshioGyokusen-kama
奈良市中町
赤膚焼きの伝統を守りつつ、新しい作品作りに挑戦しております。 日常の生活の中で、ほっと一息つけるようなそんな器作りを目指しております。

大塩玉泉窯

赤膚焼

大塩 正人

Masando Oshio
奈良市赤膚町
自身は、伝統と創作活動との難しさの中で、明日に向かっての創作に専念しております。

小川 二楽

赤膚焼窯元

小川 二楽

Niraku Ogawa
大和郡山市朝日町
先代のものは「素朴な中に無限の雅味をたたえた特異な作風、おおらかな大和の郷愁が多くの人の心を惹く」といわれていますが、私もそういう物を造りたいと、一生懸命に精進いたしております。

尾西 楽斎

赤膚焼窯元

尾西 楽斎

Rakusai Onishi
大和郡山市高田町
春日御土器師として、土味・景色・映り・手触り・古色の五感を大切に八宗兼学の他、奈良ならではのやきものを目指し作陶しております。

古瀬 堯三

赤膚山元窯

古瀬 堯三

Gyozou Furuse
奈良市赤膚町
単に古いものを継承するのではなく、伝統の持つ本来の良さをよく理解し、現代の生活にそくしたものを作品に取り入れ古都奈良の赤膚焼をアピール出来るよう努力しています。

井倉 敏夫

柳生焼窯元

井倉 敏夫

Toshio Ikura
奈良市柳生下町
柳生新陰流の聖地・柳生の里で、四季折々の微妙な変化をくみとり土を焼く、日々進化を遂げる青磁と辰砂の自然流、それが柳生焼です。
  • 第27回奈良県展/知事賞
  • 第2回天展/入選
  • 奈良県美術協会/奨励賞
  • ふるさと奈良コンテスト/伝統工芸の部 4位入賞
  • 奈良県優良観光土産品推奨審査会/奈良工芸協会理事長賞
  • 奈良新作土産品展/奈良商工会議所会頭賞
  • 第34回日本民芸公募展/入選

大前 芳春

室生無双窯

大前 芳春

Yoshiharu Omae
宇陀郡室生村
中国陶器磁器、宋代の鈞窯に憧れ、紫色を基調にした作品を中心に制作しています。 人々に感動を与えられる作品をめざし、日々努力しております。
  • 奈良県美術協会会員
  • 奈良県工芸協会会員

竹井 耀齋

墾る窯

竹井 耀齋

Yosai Takei
奈良市生流里町
墾る窯は春日山の後ろにあります。 四季の最初の季節、春。 力いっぱい芽吹かせる、始まりの季節。 そして、新たに開通した道を、墾る道と言い、新たな水田に水を墾る。 これらの意味を込めて、墾る窯を開きました。

西 祐摂

蘆廼瀬窯

西 祐摂

Yusetu Nishi
大和郡山市新木町
土のちから 炎(ひ)のちから
私の仕事はそれを像(かたち)にするこ事です。 永く使って頂くために。

松本 政昭

泉窯

松本 政昭

Masaaki Matumoto
奈良市西大寺北町
常に新しいデザイン開発に取り組み、現代のニーズに合った物造りを目指しております。 製作は、いつも自然体で平常心であることを心がけております。
  • 新民工芸会展/入選
  • 伝統工芸近畿展/入選
  • 朝日陶芸展/入選
  • 三重のやきもの展/NHK賞

村上 計子

諸葛辺焼

村上 計子

Keiko Murakami
生駒郡三郷町
生駒郡三郷町、信貴山にて自然釉をベースとし あたたかく安らぎのある中にオシャレ感覚を込めた作品創りに取り組んでいます。

岡井 孝憲

本麻奈良晒織元

岡井 孝憲

Takanori Okai
奈良市中之庄町
創業 1863年(文久3年)
縄文時代の布復原に、秋田県・青森県・宮城県に協力
  • 東京日本橋高島屋にて「山村御流華展」に毎年出展
  • 「奈良県伝統工芸展」に出展

福西 弘行

吉野手漉き和紙

福西 正行

Masayuki Fukunishi
吉野郡吉野町

千四百年の歴史を持つ吉野手漉き和紙。自然の山々に囲まれ、気候風土に適して吉野で今も尚、昔ながらの手漉き和紙に取り組んでおります。 吉野の地で栽培した原料の栖を使用して冷たい川の水で良く洗ってキズなどを取り除き、じっくりと炊き上げた後、良く叩きつぶしてノリうつぎの液を混ぜて一枚一枚丹念に洗い上げた後、水を取って良い天気の日に板に一枚ずつ張って仕上げます。


松谷 一二三

吉野杉桶・樽

松谷 一二三

Hifumi Matutani
吉野郡下市町
吉野杉には、木目が細かく色沢が美しく、芳香豊かで秋田杉、木曽桧と共に日本三美林とされている。古くから吉野地方においては工芸品に利用され、江戸時代には伊丹、灘、伏見などの樽丸産業として栄え、戦後代替に取ってかわったが最近になって吉野杉による希少価値が見直されています。
  • 森の名手・名人100人

荒木 義人

奈良一刀彫

荒木 義人

Yoshindo Araki
奈良市長尾
伝わりますか?この手の温もり
  • 県展賞
  • 文部大臣奨励賞
  • 天展/奨励賞
  • 日展/入選

大林 杜秀

奈良一刀彫

大林 杜秀

Tosyu Obayashi
奈良市南半田東町
ひな人形・五月人形の製作ではやさしさと気品のある作品作りを心がけています。 長年にわたってお飾りいただけるよう、伝統を守って製作しています。

瀬谷 桃源

奈良一刀彫

瀬谷 桃源

Togen Setani
奈良市三笠山麓町
集中力
  • 第16回奈良県美術展覧会入選
  • 奈良観光土産品審査会合格
  • 全国推奨観光土産品審査会/日本交通交社社長賞
  • 奈良県工芸協会感謝状
  • 奈良市長功労賞

辰巳 刀源

奈良一刀彫だるま

辰巳 刀源

Togen Tatumi
吉野郡黒滝村
一木一刀入魂
私が心をこめて製作いたしました。
  • 新作デザイン展/奈良県知事賞 2回
  • ニューヨーク州デザイン出品物展/銀賞

中坊 竜童

古楽面・左代瓦花器

中坊 竜童

Ryudou Nakabo
奈良市鹿野園町
先人達が残した優れた美術品を正確に模写、復元し、生活に潤いと安らぎを与える仕事を続けてゆきたいと思います。
又、どのような注文も応じます。

沢井 寿

塑像民芸

沢井 寿

Kotobuki Sawai
奈良市法華仲町
摸刻仏は、原作の美をこの小品の中に少しでも近づければとの思いから製作いたしました。

新倉 晴比古

ガラス工芸

新倉 晴比古

Haruhiko Niikura
奈良市出屋敷町
その昔遠くヨーロッパよりシルクロードを通って運ばれて来たガラス文化。 私達は古都奈良の地でその美しい瑠璃の輝きを新しいガラス文化として根付かせたいと願っています。
  • 日本ガラス工芸協会会員
  • 奈良市美術家協会会員
  • 奈良県工芸協会会員
  • '05日本のガラス展/藤田喬平賞'05受賞
  • 『新倉晴比古ガラスの世界』丸善

松谷 博

ガラス工芸

松谷 博

Hiroshi Matutani
吉野郡天川村
ガラスの持つ魅力をキャンバスに描くべく空間に最大限にそのモチーフが生かせるように、常に考えながら作品創りを日々心掛けています。
  • 大阪工芸展入選(大阪大丸)
  • 第1回東京クラフトエキスポ“92”招待出品
  • 93年国際代表作家認定 ESCE(欧州秀作選考委員会)
  • 第1回ロイヤル美術会展(現代文化協会主催)出品

山崎 康秀

ネオフラワー

山崎 康秀

Yasuhide Yamazaki
生駒郡三郷町
この作品は、生花のもつ可憐さと色彩を残し樹脂の中に封入し、6ヶ月から3年間ほど安定養生して、研磨をして仕上げます。樹脂はポリエステルで、ひび割れや変形はしません。長時間美しく保ちます。
  • 奈良県より皇太子様へ献上
  • 日本国際見本市にて、輸出用優秀商品に指定
  • 1990年国際花と緑の博覧会にて、特別賞及び各賞受賞
  • NHK・民放・新聞等にとりあげられる
  • GENERAL MERCHANDISE OF JAPAN に掲載される