きてみてならSHOP

 

奈良晒

奈良晒

Nara Bleached Cloth

奈良晒は天正年間に清須美源四郎が晒法を改良し名声は天下に轟き特に徳川家康は奈良晒を賛美し、保護奨励を加えたため、幕府、諸大名からの需要も増大し隆盛をきわめ大和の重要な産業になりました。 江戸中期(享保頃)他国にも晒布業が発達し独占的地位は失われ次第に衰退していきました。 今日その名声や、麻の風合いが珍重され伊勢神宮御用達をはじめ、茶巾、のれん、テーブルクロスなどの工芸品への活用により需要も増加しつつあります。奈良晒の紡織技術は、県指定無形文化財に指定されています。

 

一覧へ戻る