きてみてならSHOP

 

奈良墨

奈良墨

Indian Ink Sticks

奈良墨も上古の三韓からの輸入品で、大変な貴重品扱いを受けていたことが記録に残されています。僧空海(大同年間)が唐からその製法を持ち帰って奈良へ伝えたのが我国での製造の始めで、墨は興福寺二諦坊の僧が持仏堂の燈火の煤を集めて油煙墨を作り、寺社の需要により発展し、その後、墨作りは研究改良され、我国の製墨産地として全国各地に名声をとどろかせています。

 

一覧へ戻る