きてみてならSHOP

 

奈良漆器

奈良漆器

Nara Lacquer Ware

正倉院の数多く残されている漆器は、螺鈿(夜光貝を模様に切って桧木地の上に貼り漆で埋めて磨き出したもの)金銀平脱・平文(金銀の板金を螺鈿同様に扱ったもの又は金銀の板金が浮き上がるようにしたもの)乾漆(漆と布で成型したもの)等多様な手法がありますがいづれも絢爛豪華と言う言葉がぴったりする天平文化の粋であります。この技法がそのまま伝承されたものが奈良漆器で、華麗な天平模様と独自な技法によって全国稀な高級漆器として知られています。

 

一覧へ戻る