きてみてならSHOP

 

象牙・撥鏤

象牙・バチル

Ivory work

撥鏤(バチル)とは象牙の生地を染料で煮染めし、撥鏤用の彫刻刀で表面に模様を彫ったもので 正倉院御物の中に、撥鏤尺や撥鏤碁石が伝わっています。 今も、その技法を活かして、小形香合、櫛、かんざし等装身具や小箱類が作られています。

 

一覧へ戻る