きてみてならSHOP

 

三輪素麺

三輪素麺

Miwa Thin noodle

奈良時代に三輪の大神神社の神主が村人にその製法を教えたとも、また中国から伝わった唐菓子の一種が今日の素麺になったとも言われていますが、室町時代末期には宮廷料理として食され、江戸時代末期には一般にも賞味されるようになりました。極寒の頃、地元でとれた良質の小麦と、水、食塩を主原料に、伝統の手延べで作られる素麺は、舌触り、歯ごたえすべて最高級の製品です。

 

一覧へ戻る