きてみてならSHOP

 

茶粥(ちゃがゆ)

茶粥

Tea Porridge

江戸の初め、「大和茶」の産地だった奈良では、上納したあとに残ったお茶で炊いたお粥が茶粥の始まりだといわれています。当時、大和国の一反当たりの米高は全国より多かったのでお粥に米を使うことができたとのことです。 また「お水取り」で知られる東大寺二月堂修二会の練行僧の食事に出される「茶飯」が広まったと言う説もあります。奈良でお粥といえば茶粥で、さらっとしていて、粘りのないのが特徴で、奈良には『茶粥』を食べさせるお店が数多く見られます。

 

一覧へ戻る